トップページ > 水分と多汗症の関係

水分と多汗症の関係

人前でたくさんの汗を出してしまうことを、恥ずかしいと思う人が多いと思
います。そんな多汗症の人たちは、それを防ぐために水を飲まないようにし
ているという人もいます。
「汗をかきやすいから水分をとらないようにしているの」そう言っている友
人も確かにいました。この、多汗症の人は水分をとらないほうがいいという
ことは、正しいのでしょうか?
水を飲まなければ、出る汗の量は抑えられるのでしょうか。実は、この考え
方は間違っているのです。
なぜなら、多汗症のほどんどは、精神的なことから発汗しています。ですか
ら、水を飲んでも、水を飲まなくても、その人から出る汗の量に変化はあり
ません。
また、間違った考え方をすることで心配なこともあります。汗をかいている
のに水分補給をせず、脱水症状になることです。また、水分が足りず便秘に
なることもあります。そして、反対に、たくさんの水を飲んでも、尿が増え
るだけです。
では、多汗症の人は何か予防することで、汗を減らすことは出来ないのでし

ょうか。
実は、水分を取っても汗が減る方法があるのです。その予防策についてお話
しましょう。
沢山の水分を摂取しても汗が減る、それは、ミネラルや塩分を含む飲み物を
摂取することです。
例えば、スポーツ飲料などがそうです。スポーツ飲料などを、たくさん飲み
ますと、塩分も含まれていますから、血液内の塩分濃度が上がります。これ
によって、汗が減ると言われています。
これには個人差がありますので、これによって汗が減る人、減らない人がい
るでしょう。ですが、試してみる価値はありますよね。

Copyright(c) 2016 多汗症と他の病気. All Rights Reserved.